風の吹きのはじめの雨粒一つ

スコットランドゲール語学習とスコットランド文化・情報のブログ

スコットランドのゲール語:文字

1. アルファベット
ゲール語のアルファベットに使われる文字は、次の18文字です。ローマ字しか使われません。


a b c d e f g h i l m n o p r s t u


他にも、6つの文字j、q、v、w、x、zの6文字が、外国語からの借用語、外国の地名、科学用語などに使われることがあります。かつて、その18文字は、それぞれ木や草の名前が付けられていましたが、現在は英語と同じように「エー、ビー、シー、...」と発音します。昔の木と草の呼び方は、以下の通りです。

Ailm (ニレ)
Beith (カバノキ)
Coll (ハシバミ)
Dair (オーク)
Eadha (ヤマナラシ)
Fearn (ハンノキ)
Gort (セイヨウキヅタ)
Uath (サンザシ)
Iogh (イチイ)
Luis (ナナカマダ)
Muin (つる植物)
Nuin (アッシュ)
Oir/Onn (ハリエニシダ)
Peithe (ゲルダーローズ)
Ruis (ニワトコ)
Suil (ヤナギ)
Teine (ハリエニシダ)
Ur (ギリュウモドキ)

なお、アルファベットの現在の読み方は、既に述べたように、英語とほぼ同じですが、スコットランドゲール語の本当の音に近いのは、以下の読み方です。学界で使用されて、推奨されています。

 

スコットランド・ゲール語のアルファベット読み方 - YouTube

 

Aibidil na Gàidhlig (ゲール語のアルファベット)

a
à
b

c

d

e
è
f
ef
g

h
héis
i
ì
j jé 外国語の借用語以外に使われない k ká 使われない
l
el
m
em
n
en
o
ò
p

q cú 外国語の借用語以外に使われない
r
ear
s
eas
t

u
ù
v vé 外国語の借用語以外に使われない

w wé 外国語の借用語以外に使われない

x ex 外国語の借用語以外に使われない

y yé 使われない

z zae 外国語の借用語以外に使われない


母音

「母音字」は「a」,「e」,「i」,「o」,「u」の5つです。

Stràc 長音記号
「母音字」には「短母音字」と「長母音字」の2つがあって、「短母音字」のときはそのまま、「長母音字」のときは文字の上に長音記号を付けて、「À」,「à」,「È」,「è」,「Ì」,「ì」,「Ò」,「ò」,「Ù」,「ù」となります。長音記号は、スコットランドゲール語では「ストラーハク」と呼ばれています。

 

*以前、長音記号が2つ使われていました。Stràc gheurは、鋭アクセントという意味で、右上から左下に下がる記号のこと。Stràc thromは、左上から右下に下がる記号のこと。現在、標準語で鋭アクセントは使われていませんが、ゲール語の学習者にとって [ɛː](例:'sè)と[eː] (例:dé)の発音や、 [ɔː] (例:còta)と[o:](例:mór)の発音を区別するための有益な手段でした。