風の吹きのはじめの雨粒一つ

スコットランドゲール語学習とスコットランド文化・情報のブログ

「プラッパン」と言うウィスキーバーの中で~

Aig a’ Phraban」

*昔の「Praban (プラッパン)」という所は、もぐり酒場だった。飲んでいたお酒は、いうまでもないが、ウィスキーだった!「プラッパン」は今ウィスキーバーと言う意味で使われている。飲んでいるウィスキーはもちろん許諾商品である!

youtu.be

会話

「Alasdair」と「Iain」は、ウィスキー・バーで待ち合わせましています。それでAlasdairはIainに一杯おごりたい訳ですから、こう言ってます。

 

Alasdair:        Feasgar math, Iain.

Iain:                Feasgar math, Alasdair.

Alasdair:        An gabh thu dram?

Iain:                Gabhaidh, tapadh leat.

 

ラスタル:こんばんは、イアンさん。

イアン:        こんばんは、アラスタルさん。

ラスタル:ウィスキー一杯を飲みますか?

イアン:        飲みます、ありがとう。

 

 スコットランドゲール語に近いカタカナでどうしても表記できない音がいくつかあります。その様な場合、カタカナに頼らないで生の音をよく聴いて真似るように努めてください。

そして、Alasdairさんは、ウィスキー二杯を買って、一杯Iainに渡す。

 

Alasdair: Seo.

Iain: Tapadh leat, Alasdair. Slàinte!

Alasdair: Slàinte mhòr!

ラスタル:どうぞ

イアン:ありがとう、アラスタルさん。乾杯!

ラスタル:(大)乾杯!